逆輸入 リアショック マトリス Matris HyperStrada 16-18 939 HyperStrada 13-15 821-ステアリングダンパー




■商品番号
MD134.02IK

■JANコード
4580365741818

■商品概要
タイプ:M46Kタイプ
素材:超ジュラルミン7075(ハードアルマイト処理)
リングナット式プリロード調整

【テクニカルデータ】
・コンプレッション(圧側):○ 27段階
・リバウンド(伸び側):○ 45段階
・車高調整:○
・プリロード調整:○
・油圧プリロードアジャスター:オプションで設定可

 油圧プリロードアジャスター:有り

油圧プリロードアジャスター:なし

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

 ※画像はイメージです。
■注意点
※装着長調整範囲は若干変動します。
※標準スプリングレートは体重(装備含む)65-75kgで設定されています。体重が前後する場合は5N/mmを目安に指定してください。
※商品の仕様及び価格は予告無く変更される場合があります。
※商品のカラーは実際と異なって見える場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※商品は予告無く販売を終了させていただく場合があります。


■適合車種
HyperStrada 821 13-15
HyperStrada 939 16-18

■詳細説明
【選び抜かれた素材】
Matrisリアモノショック M46Kに採用する、ダンパーヘッド、ピストン、シリンダーは勿論、プリロードアジャスターナット、ダブルナットに至るまで、全てのパーツには、軽量・高強度を誇る超ジュラルミン7075を使用し、無垢材より高精度のマシンカットを経て、ハードアルマイト処理が施され高い耐久性が与えられています。

【NC切削ボディ】
Matrisは、市場のショックユニットのボディの大多数を占める鋳造ボディを採用せず、鋳造に比べ高コストにもかかわらずNC切削を採用しました。
これには下記に述べるように幾つかの理由があります。
まず、圧倒的に高強度であること。鋳型に流し込まれ成型される鋳造に比べ、無垢材よりの削り出しは強度面で大変優れており、過酷な条件下で使用されるサスペンションには最適な選択といえます。
そしてそれはレースユースは勿論のこと、長年使用され、耐久性が必要とされるストリートユースにおいてこそ大きなアドバンテージとなるでしょう。
次に、プロファイルの変更が容易であること。
鋳型を用いないNC切削では、コンピュータによるプロファイルの変更が容易にできます。
これは細やかなバージョンアップが可能であるとともに開発費用の削減を実現、結果的により優れた商品を市場に送り出すことを可能としました。
そして、非常に美しいということ。
耐久性を得るために施されたハードアルマイト加工と切削されたジュラルミンが持つシャープなラインと艶。
ナットやリザーバタンクの内側まで徹底的に肉抜きされ贅肉を削ぎ落とされたボディは、高価なスーパースポーツのリプレイスパーツ群においても抜群の存在感を放ち、ユーザーの所有欲を満足させる仕上がりです。

【クロームコーティングピストンロッド】
M46Kモデルのピストンロッドはクロームコーティング仕様。

【2ウエイ調節機構】
M46Kモデルは減衰調整をよりわかりやすくするため、圧側、伸び側の2ウェイ機構とし、車種により車高調整機能を装備。
※一部の車種は車高調整機能がありません。

【プリロードアジャスター】
基本モデルはリングナット式プリロードアジャスターが装備され、モデルにより調整が容易な油圧プリロードアジャスターが装着できます。

【チッソガス封入リザーバタンク】
ピストンロッドの激しい動きによって発生するキャビテーションを防止するため、全ての機種に可能な限り大型のチッソガスタンクが付属します。
シリンダー内部を高圧に保つことでキャビテーションを防止、高い耐久性を発揮、セッティングの誤差発生を防止します。

広告